シャワー山行
このごろ蒸し暑い日が続いている。初夏なのだから気温が上がってくるのは当然だが、湿度が高いのは、このあたりの気候としてはちょっと異常だ。

Tramping Club の土曜山行は、この蒸し暑さの中無理をしないようにということで、国道2号線のリムタカ峠から出発し、稜線沿いに北に向かい、途中から、尾根を藪こぎしながら下って、スミス沢(Smith Creek)沿いの登山道に出、その後昔の登山道を使ってマーチャント登山口(Marchant Roadend)に出るという予定だ。
e0056912_9205253.jpg




参加者は7人。車を一台マーチャント登山口に置き、曲がりくねったリムタカ峠道を頂上に向かう。「峠の茶屋」(Summit Cafe)は残念なことの廃業してしまったようだ。ここは普通は、風が強いところだが、今日は全く無風、空には霞がかかったような状態で蒸し暑い。こんな条件では、速くは歩けないので、おしゃべりし、景色を楽しみながらゆっくり進む。送電線鉄塔のところで、作業用道路に出、ちょっと行ったところで休憩。相変わらず蒸し暑く、風もほとんどない。水をがぶ飲みしてものどの渇きが収まらない。節約するように気をつけなければ。

e0056912_9254437.jpg作業道上から少し眺めが良いところがあったので、写真を何枚か撮る。急なところを登りきったところで道の脇をよじ登り、藪の中小ピークの上に出ると、目的の尾根の始点だ。ベテランのピーターさんが以前つけたオレンジ色のマーカーが目印だ。尾根筋ははっきりしているし、オレンジ色のペンキマークもはっきりしているので、問題なくルートを辿れる。しかし相変わらず暑い。ちょっといくと少し開けたところに出たので、早めの昼食。日が射したり、小雨がぱらついたりと、はっきりしない天気。本格的な雨にならないうちにと早々に出発。ここから下は、左側が火事後で植生が密生し、通りにくいので、主に右斜面を巻いていく。また尾根上に出、火事後植生を横切って、沢上のテラスに降り立つ。

対岸に渡って、小休憩。少し甘いものを口にし、沢水をたっぷり飲んで、やっと一息つくと、本格的に雨が降り出した。はじめは、涼しくてちょうど良いやと雨にあたっていたのだが、濡れてきたので合羽(parka)を着る。ここから、昔の登山道に沿って、右手の支沢をさかのぼり、二股に出て、真ん中の支尾根を登っていく。雨が激しくなってきたので、歩きやすいところを選んで、黙々と登る。途中で粘土質の滑りやすいところでピーターさんが転び、起き上がるのを待っていたところ、今度は私がツルっといってしまった。ただ立っていただけなのに。気を取り直して、歩き出し、すぐに現在の登山道のある稜線上に出た。ここから下り一方なのだが、相変わらずの滑りやすい粘土質、雨がしみてくるが、急ぐことは全く出来ない。

マーチャント登山口に着くころにはもうみんなずぶ濡れ。リーダーのマイケルさんの車が、峠上においてきた車のドライバーたちを乗せて出発し、残された我々はこのまま泥沼のような駐車場で待っているのもいやなので、下の舗装道路のところまで歩くことにした。濡れてはいるが気温が高いので寒くはない。10分ほどで下につき、重い登山靴をサンダルに履き替えたころに車も到着、手早く着替え、皆さんと、Happy Christmas の挨拶を交わして帰途に着く。ウェリントンについてみると、雨は全く降らなくてずっと蒸し暑かったそうだ。我々は濡れたが涼めた分まだマシだったかな。

e0056912_108543.jpg
e0056912_14304379.jpg作業道上(左図紫地点)から
タラルア山地南部を見渡す。

写真左から
アストン峰 Aston peak 1376m
マーチャント峰 Marchant peak 1038m
アルファ峰 Alpha peak 1361m
アトキンソン峰 Atkinson peak 1472m
蜂の巣(双子)峰 The Beehives 1480/1485m
ヘクター山 Mt Hector 1529m
ウィンチコム峰 Winchcombe peak 1261m
地獄の門乗越 Hell's Gate saddle
タラルア双子峰 Tararua Peaks 1310/1325m
オメガ峰 Omega peak 1118m




NZTopoonlineより。
Contains data sourced from Land Information New Zealand. Land Information New Zealand gives no warranty in relation to the data (including accuracy, reliability, completeness or suitability) and accepts no liability (including, without limitation, liability in negligence) for any loss, damage or costs relating to any use of the data. Crown Copyright Reserved.
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-12-18 09:29 | 山行報告




<< Do I know it...      不運な週末 >>