遠すぎた嶺!?
健脚で有名なDさんがリーダーの山行に久しぶりで参加。予定を変えて、南タラルアの代表的な名峰、ヘクター山へ日帰りを試みるという。往復10時間近くかかるはずの行程・・・大丈夫かしら??

当日は予報どおり、天気は上々。日差しが強く、ことし流行というモノトーン的なファッショに身を固める登山者・・・?

Black & White is Hot (A Peak Too Far __3)





3時間近くの登りで、Table Topにたどり着くと、素晴らしい景色が目前に展開!

We had a long way to go (A Peak Too Far _5)

ところがこの先のDenan峰の登りで、私は気分が悪くなってしまい敢え無くリタイア。やはり、健脚のパーティーに無理して着いていこうとしたのがいけなかったのね...とほほ。

胸がムカついてくるのをだましだまし、重い足を引きずりながら、やっとカイム小屋(Kime Hut)に辿り着くと、なんとL さんがお昼寝中!なんだ、ヘクターさんの山頂まで、あと40分だから、みんな行ってると思ってたのに、Lさんも参っちゃったのね。ははは。

Kime Hut in the Sun (A Peak Too Far __7)

でも、山頂をあきらめたとはいえ、往復10時間近い行程が8時間足らずに減っただけ、帰りの道のりも長いのだ。

We still had a long way home (A Peak Too Far __8)


でも、こんなときこそ、せめて景色を楽しんで、天上の楽園を満喫しよう・・・

Lookfar (A Peak Too Far __9)

ウェリントン湾をはるかに望む。南島北端の山々もぼんやり水平線上に浮かんでいる。


Southern Main Range Panorama (A Peak Too Far _10)

タラルア主稜線縦走路。


Photographs at Flickr
[PR]

by mimi_s_mum | 2007-12-16 19:52 | 山行報告




<< 復活のMacpac Espri...      天上の楽園-Cone Peak >>