カテゴリ:中つ国山民俗学( 12 )



復活のMacpac Esprit [中つ国山道具考]
Macpac Esprit[中つ国山道具考]という記事で、13年使い込んでいたMacpac Esprit のハーネスが壊れてしまい、修理に出そうかどうか考えている、と書いた。今日は、その再生をかけた大手術(?)の様子をどうぞ。

続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2007-12-26 17:31 | 中つ国山民俗学


「危機管理」の考え方で安全なアウトドアを
私事で恐縮だが、一時、こちらの中高等学校で、アウトドア教育の一環として行われている、グループ山行の引率をしていたことがある。(授業を休みにして、生徒に登山や自転車旅行やカヤックをさせることが、立派な指導要綱の一環なのは、さすがアウトドア大国ニュージーランドだが、それはさておき) その時に、アウトドア危機管理(Outdoors risk management)というアプローチを用いて、アウトドア活動の安全向上を図る、というやり方を学んだ。にほんブログ村 アウトドアブログへ


続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-06-24 14:41 | 中つ国山民俗学


NZの山岳無線サービス
登山中に予期せぬ事態になったとき、家族、警察などに確実に連絡できるシステムが必要だ。昔、父の大学山岳部OBの皆さんに山に連れて行ってもらっていた頃、山岳部はCBトランシーバーを使って連絡を取り合っていた。(確かCBで、短波ではなかったと思うが100%確実ではない) こちらに来てからは、日本の登山事情に全く疎くなっているが、たまに手に入る山の雑誌や、インターネットからの情報を見ると、今では緊急時に携帯電話を使うのが一般的になっているようだ。にほんブログ村 アウトドアブログへ


続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-06-13 11:10 | 中つ国山民俗学


Macpac Esprit[中つ国山道具考]
e0056912_1064056.jpg丈夫で長持ち、使えば使うほど味が出る。ニュージーランド Tramper 定番のバックパック。

にほんブログ村 アウトドアブログへ



続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-06-09 10:20 | 中つ国山民俗学


月夜の訪問者に御用心
現在、世界的に復活祭(Easter)の休日である。クリスマスに次ぐ、キリスト教の重要な祝日だ。復活祭は、春分のあとの最初の満月の直後の日曜日と定められているので、クリスマスとは異なり毎年日取りが変わる。変わらないのは、復活祭の夜は、晴れていればいつも明るい月夜だということだ。

西洋では満月は、狼男の変身など神秘・怪奇的な現象と結び付けられる傾向があり、満月の夜は救急入院患者が増えるというような話も聞く。月が明るい夜は眠れなくなる人も多いのではないだろうか。今日は山で月夜に体験した現象についてお話したい。にほんブログ村 アウトドアブログへ


続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-04-14 10:58 | 中つ国山民俗学


愛に国境が無いように...
登山 (=tramping / mountaineering) に年代の壁はない。

続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-04-06 07:53 | 中つ国山民俗学


探検の歴史 - Trampingとは何か その2
以前「ガンガン歩こう ― Tramping とは何か」という記事を書いて、日本の(広義の)登山とニュージーランドのTrampingの、共通点・相違点について簡単に触れたが、今回はTrampingについて、もう少し深く、ニュージーランドの歴史的背景という視点から考えてみたい。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-03-28 16:17 | 中つ国山民俗学


中つ国山岳地名考
ニュージーランドは、ポリネシア系の先住民(現在のマオリ人)が十数世紀住んでいた土地に、英国を中心にヨーロッパからの入植者が移り住み、国土を探検・開拓していったという歴史がある。この歴史は山岳地帯の地名の付けられ方に、反映されているので、今日はそれについて少し書いてみたい。にほんブログ村 アウトドアブログへ


続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-03-23 16:06 | 中つ国山民俗学


中つ国名文句山岳編-1

'We knocked the bastard off.'

山行報告だけでは単調になる、と山は全くやったことがない母に言われたので、中つ国NZの登山=Trampingの文化、地理、歴史等に関する記事も、徐々に増やしていこうと思います。というわけで、ニュージーランド人が発した、山にかかわる名せりふを紹介するシリーズ第1回目です。

さて、上の英文は、登山史上、もっとも有名なせりふの一つですが、誰が、いつ、どこで誰にむかって言ったのか、という質問のクイズです。

答え
[PR]

by mimi_s_mum | 2006-03-14 04:26 | 中つ国山民俗学


ガンガン歩こう-Tramping とは何か
このブログの最初の記事で、「地元山岳会の、藪こぎ登山グループに属する形で、山を楽しんでいる」と書いたが、実は、これは100%正確な表現ではない。

正確には、「地元 Tramping Clubの、藪こぎ Tramping グループに属する形でやまを楽しんでいる。」と言うべきだった。

続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-21 14:12 | 中つ国山民俗学