<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧



幻のアニーを探して (山行報告)
土曜山行、今回はリーダーの方針で、偵察・マーカー前置なしの、ぶっつけ本番地図読み藪こぎです。

ウェリントンを、国道2号線で東に向かい、青スベリ尾根山行登山口のあるカイトケ盆地を通り過ぎ、九十九折のリムタカ峠道を越えると、広大なワイララパ平野が目前に広がる。リムタカ峠のふもとの村、フェザーストンは、第二次大戦中に日本人捕虜収容所があり、暴動がおきて、沢山の方が亡くなったという、悲しい歴史があるところだ。さらに北東に向かうと、トウヘレニカウ川、ワイオヒネ川を渡り、グレイタウン、カータートンという町々を通り過ぎる。このあたりで一番大きい町、マスタートンの手前で左折すると、目前に雄大な山々がそびえ立つはずなのだが、今日は、天気が今ひとつで、暗い雲がかかっている。午前9時ごろに、タラルア山地で最も人気がある登山口、ホールズワース山登山口(Mt Holdsworth roadend)に到着。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-29 13:37 | 山行報告


青スベリ尾根 -誰もいない山(山行報告)
週末は、山をサボったので、3月ほど前やった山行について。何と単独藪こぎ行です。

山好きの人ならわかると思うが、時々ふらっと一人で出かけたくなることがある。

私が常連として参加している、Tramping Club の土曜日帰り山行グループは、以前は、グループ全員で、地図読みナビゲーション・ルート探しを協力して行う、という伝統があったが、脚力のある人たちと、そうでない人たちの間に差が出来過ぎたという理由で、2年ほど前に、中級グループと、中上級グループに分かれてしまった。スピードの違いだけでなく、この新しい中級グループは、リーダーが予め偵察し、マーカーを付けておいたルートをたどるだけ、という習慣が出来てしまったようで、面白い藪こぎは出来るのだが、地図読み・ナビゲーションの楽しみは、以前に比べて激減している。わたしは、今のところ、中上級グループに付いて行くだけのスピードがないので、中級グループと行動しているが、時々欲求不満になる。

というわけで、ある8月の土曜日の早朝、私は車で国道2号線を東に向かった。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-24 12:43 | 山行報告


ガンガン歩こう-Tramping とは何か
このブログの最初の記事で、「地元山岳会の、藪こぎ登山グループに属する形で、山を楽しんでいる」と書いたが、実は、これは100%正確な表現ではない。

正確には、「地元 Tramping Clubの、藪こぎ Tramping グループに属する形でやまを楽しんでいる。」と言うべきだった。

続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-21 14:12 | 中つ国山民俗学


Southern Traverse (11月18日アップデート)
現在、Southern Traverseという、アドベンチャーレースが開催されている。
人間の知力体力の限界を超えるような厳しいコースが、NZ南島のワイルドな西部・南部地域に設定され、選手たちは、スタート直前になってやっとどんなルートか知ることが出来る。カヤック、マウンテンバイク、ラフティング、徒歩(地図読み登山)、ロック・アイスクライミングなどの手段・技術を駆使して、ほとんど睡眠なしで5日間にわたって、競走を繰り広げるわけだが、大半のチームが、レース前半で脱落してしまうそうだ。

続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-17 11:50 | 中つ国山つれづれ


空中散歩
ウェリントンは、NZの首都であるにもかかわらず、本当に自然に恵まれている。私の家は、国会など市の中心部から、徒歩30分ほどのところにあるが、そこからさらに歩いて一時間足らずで、海抜3~400mほどの小高い丘陵の上に立つと、雄大な景色が目の前に展開する。

e0056912_18281196.jpg


全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-16 18:48 | 中つ国名所案内


森のペンキ屋さん (山行報告)
e0056912_181488.jpg 週末に、Tramping Club の山小屋の整備山行に始めて参加した。この山小屋は、コーン・ハット(Cone Hut)と呼ばれる。切り出した原生木をそのまま手斧で削って得られた材で、49年前に建てられた。道具や材料に恵まれなかった時代の山小屋作りの技術を今に残している、歴史的にも貴重な小屋なのだ。クラブの山小屋と言っても、一般に開放されているので、早い者勝ちだが、誰でも使うことが出来る。

ウェリントンから西に向かい、九十九折のリムタカ峠道を越え、ワイララパ平原に抜け、二つ目の大きな川、ワイオヒネ川を渡ったところで左折し,上流に向かう。ワイオヒネ峡谷道路の終点が登山口。まずタラルア山地で最も長く高い吊り橋を渡るが、ワイアが少し緩んでいて、なかなか不安定で怖い。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-15 18:24 | 山行報告


コンピュータートラブル!!!
 夕食後、ちょっとメールをチェックしようかとコンピューターのスイッチを入れたところ、画面が真っ暗!買って一年も経っていないのに!!

続きを読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-11-11 13:03