<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧



Do I know it's Chrismas time at all?
前回より続く)

Christmas Eve 2005 夕刻

この丸っこい小峰の、西南西に向かっている踏み痕は、はじめに調べたとき、方向違いのヘクター川合流点(Hector Forks)に向かっているものだと思い込んだのだが、これをたどってみると、一定の高度を保ち、合流点に下降する様子はない。さらに、少し行くと、古いオレンジ色の丸いマーカーが現れ始めた。高稜はまだまだ続くようだ。このマーカーはこの後ちょうど良い感覚で続いていき、期待が持てそうに見えたのだが、15分もすると、また広く平らなところで見えなくなってしまった。色々探し回り、20分後にちょっと南南東に行って、稜線がまた狭くなってきたところでマーカーと合流した。ここがあの南に稜線が曲がるところなのだろうかということは、フラクスの峰は、もう近いのだろうか。ひょっとしてフラックスの峰そのものかも...。と考えるのは甘いというもので、稜線は、また西南西向きに戻り、同じ高度を保ちつつ、延々と続く。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-12-30 09:29 | 山行報告


Do I know it's Christmas?
クリスマスは、西洋文化圏諸国では一年最大の祝日で、キリスト教徒でなくとも、仕事も趣味も休み、家族揃ってクリスマスディナーのご馳走を食べ、プレゼントを交換し合うのが慣わしだ。(そんなこと皆さんご存知!)これまでクリスマスの日に山に行ったたことはなかったのだが、今年は、クリスマスが週末にかかり、これまでほとんど毎週末山に行っていたので、同行者は見つからないだろうと承知で、単独クリスマス登山を計画することにした。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-12-28 12:54 | 山行報告


シャワー山行
このごろ蒸し暑い日が続いている。初夏なのだから気温が上がってくるのは当然だが、湿度が高いのは、このあたりの気候としてはちょっと異常だ。

Tramping Club の土曜山行は、この蒸し暑さの中無理をしないようにということで、国道2号線のリムタカ峠から出発し、稜線沿いに北に向かい、途中から、尾根を藪こぎしながら下って、スミス沢(Smith Creek)沿いの登山道に出、その後昔の登山道を使ってマーチャント登山口(Marchant Roadend)に出るという予定だ。
e0056912_9205253.jpg


全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-12-18 09:29 | 山行報告


不運な週末
週始めの天気予報では、水曜日ごろ天気が悪くなり始め、土曜日には回復するはずだった。ところが水曜日は晴れ、ウェリントンには珍しく、とても蒸し暑い気候で、どうもいやな感じがしてきた。案の定金曜日の予報は、夜半から雨が降り始め、タラルア山地では150mmの降水が予測されているという。参加予定者はわずか3人。

土曜日の朝。外を見ても雨が降った様子はないし、気象庁のウェブサイトの天気図では、低気圧が南島上空に出来つつあるが、前線はまだ西岸沖に停滞中。ひょっとしたらまだ望みがあるかも。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-12-12 12:07 | 山行報告


偵察行
来週土曜日の中級山行のリーダーが、健康上の理由で引かざるを得なくなったので、私にスタンドインのお鉢が回ってきたのが、3週間ほど前。予定の山行は、そのリーダーが復帰したとき改めてやるので、今回は私のオリジナルルートでどうぞ、という話だった。わりと面白いルートを思いついたのだが、ピンチヒッターの山行とはいえ、ルートが無理がないものかどうかは確認しておく必要がある。と言うことで、Tramping Clubでは実力一番のCさんと、奥さんのNさんに付き合ってもらって、偵察山行に行ってきた。

全体を読む
[PR]

by mimi_s_mum | 2005-12-05 11:10 | 山行報告