犬と牛の日々-牧牛稜山行三日目後半
ジェスと飼い主に別れを告げてから、100mも行かない所で、左側の、潅木帯の狭い切り開きから、川沿いの小さな草地に出た。そこからは吹きさらしの河原に出るしかない。一応戻って、他にルートがないか確認するが、どうやら河原歩きが唯一のルートのようだ。にほんブログ村 アウトドアブログへ


続きを読む
[PR]

# by mimi_s_mum | 2006-06-22 15:12 | 山行報告


犬と牛の日々-牧牛稜山行三日目前半
二日目は天気に恵まれ、視界良好で、稜線上からの眺めを思う存分楽しめた。山岳無線の定時交信によると、天気は下り坂に向かうということだ。

夕刻から少し風が出てきていた。ベッドに入って眠りに落ちたが、夜中に、強風と小屋の屋根、壁を打つ雨音で目が覚めた。かぜはますます強くなってきて、小屋全体が揺れ、生来眠りの浅い私は、全く眠れない。タラルア山地は強風で有名なところで、私も、山行中強風に悩まされた経験は数知れない。縦走中に、この風にあわなかったのは、非常に幸運なことなのだ。夜中に起きてトイレへ行くのも大変な作業だ。幸い、風が少し穏やかになった時をねらって行けたが、トイレのなかにいるとき、突風でトイレの建物が倒れたらどうしようか、と、本当に心配した。にほんブログ村 アウトドアブログへ


続きを読む
[PR]

# by mimi_s_mum | 2006-06-21 14:04 | 山行報告


山岳展望写真の秘密兵器?それとも頭痛の種?
長時間あえぎあえぎ、急な尾根ルートを登り、やっと稜線に出たら、素晴らしい展望風景が待っていた!また、山に来て本当に良かった、実感する瞬間だ。そんなとき、その素晴らしい景色を他の人に見せたい、と、つい写真の数も増えがちなものだ。一枚の写真ではとても捕らえきれない広大な眺めを前にすると、どうしても良いパノラマ写真が欲しくなる。デジタル時代の今、パノラマ合成処理ソフトを抜きにしては、山岳展望写真は語れない。(いつもながら口調の偉そうな私)

e0056912_1302765.jpgにほんブログ村 アウトドアブログへ



続きを読む
[PR]

# by mimi_s_mum | 2006-06-16 13:38 | 中つ国名所案内


牛の背からの眺め[写真集]
牧牛稜(Cattle Ridge)縦走では、視界に恵まれ、タラルア山地北部の、荒々しくも美しい風景をたっぷりカメラに収めることが出来た。とはいえ、五年物のコンパクトデジタルカメラの映像だから、質的にはたいしたことはないのだが、パノラマ処理をして、何とか実際の迫力の百分の一でも表現しようと試みたが...。にほんブログ村 アウトドアブログへ

(注意: パノラマ写真多数が載っていて、ページサイズ580KB程度になります。)

写真を見る
[PR]

# by mimi_s_mum | 2006-06-15 13:56 | 中つ国名所案内